ステップメールの効果は?ステップメール会社比較

お客の心をつかむ為にはアフターフォローが必要です

マーケティングにおいて一番重要な事はお客の心をしっかりつかむ事と言えます。お客は一人ではなく、何人もの人が新規であったりリピーターであったりと日々変化しています。従来ではよくお客にとって知りたいメルマガ配信が主流でした。しかし実際メルマガに対して迷惑メールなどの対策をとるお客も多く、重要であると考えたメルマガはお客にとってみると迷惑という考えでしかなく一方方向という考えでしか成り立ってはいませんでした。それは知りたい情報ではなかったという結論に至りますが、マーケティングで一番大切なのが、アフターフォローです。

ピンチはチャンスというような考えもあるように、必要なものを売ったらそれで終わりという考えではいつまでたってもお客の心をつかむ事はできません。その効果はアフターにいかに手を加えるかでお店の信用度などは大きく異なります。

最近では日にちを設定して一人のお客に対しメールを配信するステップメールというシステムがあり、そのメールを配信してくれるいくつかのステップメール会社があります。会社を比較しますと、送るメールやその後の解析などのシステムで金額は変わってきますが、販売などをする企業であれば、購入ありがとうございますのメールから配送までのメールが一般的ですが、そのメールをまた更につなぐ、アフターまでのメールも設定すると定期的にメールを送信してくれます。手間を省けるだけではなく、しっかりとした企業としての心遣いが一番大切です。

WiLL Cloud

公式サイトはコチラ

WiLL Cloudが提供するサービスの一つ、ステップメールは大変有用性の高いサービスです。インターネットを利用したビジネスは今や職種・業種を問わずすべてのビジネスに適応されていますが、そのネットビジネスをレベルアップさせるツールです。

ASPICクラウドアワードで、先進技術賞を2015年と2016年の両方受賞しているだけあり、利便性の高さには定評があります。営業活動を円滑に進め、営業利益を格段にアップさせることができます。効率の良いメール配信サービスなので人件費も削減できます。

HTMLメールは一般的に個人の方では作成が難しいと言われていますが、WiLL Cloudのサービスを利用すればどなたでも簡単に作成でき、しかもお安くご利用いただくことが可能です。詳しくはWiLL Cloudの公式サイトをご覧ください。

アスメル

公式サイトはコチラ

アスメルは月額3333円で無制限にステップメールを利用することができます。ストーリー数も文字数の制限もなく他社よりお安くサービスを利用することができます。SSLに対応していて個人情報が第三者に漏れることもありません。

携帯メールや空メールの登録にも対応してくれ、使いやすい工夫をしてくれています。また、自分のHPに登録フォームや解除フォームを埋め込むことやQRコードにも対応しています。メールの配信数も無制限でこのサービス月に3333円ならとても安いと感じます。

アスメルのメール到達時間は10000件を配信した場合は約10分です。不達アドレスなどが多い場合以外目安10分です。またYahoo!メールなどの迷惑フォルダに分類されないようにできるかぎり対策してもらえます。

VPS-NEO

公式サイトはコチラ

ネットビジネスを始めるにあたって、如何にして見込み客を獲得するかがポイントになってきます。それは、上手にステップメール機能を使っていくことです。ただ、このステップメール機能を使うには有料になります。色々な会社がステップメールサービスを提供しています。

ここのサイトには、各々のステップメールサービス会社の評判を基にしてランキング形式で紹介しています。そのランキングトップにあるのが「VPS-NEO」というサイトです。ここは、独自の機能を利用していることで送ったメールが迷惑フォルダに入らないようにして、読んでもらえる確率を高めることができます。

また、サービスを利用するにあたっても低価格の料金になっています。メールを読んでもらえる確率が上がればそれだけ見込み客を増やすことができますし、低価格の料金であればこの先も長くサービスを利用し続けられますので、コストパフォーマンスに優れています。ネットビジネスとしてステップメールを導入するならば、「VPS-NEO」は最適となっています。

オートビズ

公式サイトはコチラ

オートビズの提供しているステップメールというサービスは、大変有用性のあるメールサービスになります。優秀なメール配信サービスで、個人の方や法人、その他団体のビジネスや活動の効率を向上させることができます。

公式サイトにはオートビズのサービスに関して、細かく内容が記載されています。ご不明な点があれば遠慮なくスタッフまでお問い合わせください。サービスの利用を検討中の方も、すでに利用されている方に対しても、細かいサポートを行っています。

専用のメールフォームを用意することができますし、メールマガジンの配信も大変効率よく行うことができます。しかも利用料金も安く、リーズナブルに高性能サービスを利用できる業者として、多くの企業から注目を集めています。

Biz Create

公式サイトはコチラ

Biz Createのサービスが大変優れていて、評判になっています。良質なメールフォームを利用できるということで、利用されている個人の方や、企業やその他団体が増えています。ステップメールの利便性を知るべきでしょう。

Biz Createを通じて、配信を開始したメールマガジンのお陰で、経営利益が上がった企業はたくさんあります。通常、メールマガジンや宛先のメールアドレスを持つ方にしっかりとお届けできないことが多いです。しかし、こちらは、お届率が大変高いサービスです。

Eメールというサービスは大変利便性の高いサービスですが、唯一の弱点は、相手に正確にお届けできないことがあるということです。そのメール最大の弱点をカバーできているので、多くの企業が注目しているということです。

ベンチマークイーメール

公式サイトはコチラ

メール配信を行うことで、大きな広告としての効果を得ることができます。それは、メール利用者が多く、メールを見る機会が多いからです。ですので、メール配信を広告として利用する会社は多いのではないでしょうか。

そんなときに便利なのがベンチマークイーメールのステップメールというサービスです。このサービスを利用することで、簡単にメール配信をすることができます。メールデザイナーという機能を使えば、ドラッグとドロップで簡単にメールを作成できます。

他サービスと簡単に連携をすることができますので、顧客データを一から作成する必要がなく、既存の顧客データを簡単に移すことができます。また、開封率や転送率を簡単に確認・分析できる機能もあり、改善に役立ちます。

メルマガとステップメールを効果的に使い分ける

インターネットビジネスは、もはやweb業界だけのツールではありません。一般職種であっても、インターネットを活用することで、これまでとは異なったビジネスの可能性が期待できます。
さて、その中でもメールは顧客の囲い込みに一役かうことのできるツールとして活用されてきました。メールマガジンは定期的に最新情報を発信することが可能で、多くの業界でも比較的簡単に始められる存在です。
しかし問題点も見つかってきました。特に最新情報には便利ですが、発行済のメルマガ同士を関連させることが不得意なので、どうしても毎回読み切りにすることが自然でした。ステップメールは、そんな背景を打開するツールとして生まれました。つまり、第1号となるメールを受けた後に一定期間をおき、第2号が送信されます。受信者は、いきなり最新号から目にするにではないので、順序立てて読むことができます。
一回の読み切りでは伝えることが難しい内容などを順序立てて送信出来るのがポイントです。伝えたい情報に合わせて使い分けることで、効率的にメールを活用が可能になります。


ステップメールのメリットとデメリット

一定期間を空けて、スケジュール通りにメール送信を繰り返すのがステップメールの概要です。いつどのタイミングで登録をした顧客にも、一からスケジュール通りにメールの送信が行なえます。一斉送信とは違った使い方ができるので知っておきましょう。工夫をすれば、色々なことに使えるはずです。
メリットは非常に多いのですが、デメリットもありますね。時事的な問題についてはあまり書くことができなくなります。なぜなら、そのメールを受け取るタイミングが顧客によって変わってくるからです。下手をすれば、一年後にそのメールを受け取る人も出てくるわけです。ですから、あまり時事的なことについて書くことはできなくなります。
メール小説を連載するときなどにはベストフィットするかもしれませんが、通常のメールの代わりに使うことは難しいはずです。メルマガとの使い分けを考えていくのがいいかもしれませんね。


ステップメールの利用が推奨されるサービスの代表例

メール講座やメール小説というサービスを運営していく場合には、ステップメールは大きな武器となることでしょう。ステップメールを使えば、どのタイミングで顧客が新規登録をしても、一からすべてのメールを順序正しく送っていくことができます。
メール小説やメール講座は、一から順にメール送信をしていかなければいけません。順番が一つ前後するだけで意味をなさなくなってしまうので大変なのですが、ステップメールというサービスを使えば、その順序が入れ替わってしまうこともなくなります。また、自動的にメールが送信されるので、運営側としてもやることが非常に少なくなるというメリットが生まれます。
長期的に継続してサービスを提供できるのが、こうしたスタイルの魅力の一つでしょう。過去の遺産を有効活用できるという意味で、他のサービスにも応用は可能なものとなります。