ステップメールの効果は?ステップメール会社比較

Home > ステップメールについて > 新しい取引先を確保する為のステップメール

新しい取引先を確保する為のステップメール

多くの法人は、取引先を確保したいと望んでいます。
取引先は、自社の売上数字には大きく関わってきます。
時には取引先から仕事の発注が来て、売上数字が高まる事もあるからです。
どうやって取引先を確保すれば良いかというと、ステップメールという手段があります。
そもそも自社にて販促活動を行っていると、どこか法人が興味を持ってくれる事もあります。
その法人に対して、シリーズ物のメールを送ってみる手段もある訳です。
最初の内はあまり興味を持たれなくても、何回か送信している内に、法人との信頼関係が生じる事もよくあります。
それがきっかけで、新たな取引先になってくれる事もあります。
そして上記で触れた通り、取引先は会社の売り上げ数字を高めてくれる可能性もある訳です。
ですから売り上げを向上させたいと望むなら、ステップメールでアプローチしてみるのも一法です。



高額商品の販促に向いているステップメール

世間で販売されている商品は、価格帯は多彩です。
比較的大きな価格で設定されている商品もあれば、その逆もあります。
中には、高額商品などもあります。
ところで価格が高めな商品を扱っている会社としては、できるだけ売り上げ数字を高めたいと望んでいる事もあります。
そして、やり方次第では数字は高められる事もあります。
手段は色々ですが、ステップメールなどはその1つです。
ステップメールは、何回かに分けて小出しに情報を送信していくのが特徴的です。
第1回目メールや第2回目メールなど、シリーズ形式で送信する事になります。
このシリーズ形式のメールは、主に高額商品を扱っている会社には、向いています。
逆に薄利多売で売り上げを出している会社は、やや不向きな一面があります。
したがって価格が高めな製品を扱っているなら、ステップメールによる販促活動を検討してみると良いでしょう。



相手の興味を把握してからステップメールを送信

誰かに情報を送信する際には、しばしば興味がポイントになります。
相手の興味に合わせて、情報を送信をする必要があります。
ステップメールを送信するにしても、それは同様です。
例えば相手が、営業活動に関するニーズがあるとします。
その場合は、営業数字を高める為のノウハウに関するメールを送信する事は、大いに有効です。
逆にファッションに関するメールを送信したところで、必ずしも相手が興味を持つとは限りません。
相手がそれに興味を持っている可能性はありますが、それよりも営業活動というジャンルに興味を持っている事が明らかなら、それに合わせたメールを送る方が妥当です。
つまりステップメールを送信するにしても、まずは相手の興味を把握しておく必要があります。
メールを送信する時にも、費用はかかる訳ですから、ニーズ把握は必要不可欠です。

次の記事へ